徹底的な誹謗中傷対策の重要性

拡散される前に対策を

インターネットが社会に浸透したことにより、生活のしやすさが飛躍的に向上しています。ウェブサイトでは情報を得るだけでなく、匿名性を利用して本音を書き込むことも可能です。一方でその匿名性を悪用し、個人を攻撃するような誹謗中傷の問題が広まっています。誹謗中傷ですので、第三者が見ても「どこの誰」が分かるほどの内容です。プライバシーだけでなく自宅や会社のセキュリティにも関わることですので、早急な対策が望ましいといえるでしょう。

犯罪の被害者という認識を

誹謗中傷対策にはいくつかの手段があります。インターネット上で名乗りを上げて中傷することは皆無といえますので、書き込み時の接続IPアドレスやプロバイダの情報開示が必要です。個人で作業するには専門的な知識や手間が多く、その間に拡散されてしまう可能性もあります。そのため、専門の業者へ依頼を出すのが一般的です。近年では個人・会社を問わず被害者が増え続けています。泣き寝入りや加害者のいいなりになるのではなく、毅然とした態度・対策で臨みましょう。

確実な手段を選択する

なぜ業者に依頼をするかという点は、徹底した対策が期待できるということです。誹謗中傷を行う人の多くは拡散を目的としています。これはインターネットが無い時代に見られたビラ撒き・電柱の貼り付け行為と同じです。インターネットは町の中とは異なる仮想空間ですので、専門知識が欠かせません。このように単なる人海戦術ではありませんので、依頼の費用に対する効果は高いといえます。身の危険を感じるような被害であれば、警察にも通報すると良いでしょう。

誹謗中傷対策は他者への悪口を言い過ぎないことから始めましょう。気がついたら加害者になっていたということがないようにすべきです。