これで簡単に理解できる!ビットコインの仕組み

ビットコインとはどういうもの?

ビットコインは円やドルと同様の通貨で、1BTC(ビットコイン)のように数えることができます。ところが目に見えるビットコイン硬貨などはなく、インターネット内でのみ取引できる仮想の通貨です。特定のサイトで利用できるポイントと似ていますね。しかしビットコインは、世界中の経済活動を活発化させることを目的に作られています。ビットコインを使用することで、パソコンやスマートフォンから手軽に物品やサービスの取引ができます。ビットコインは、通常インターネット上のウォレットに保存されます。

ビットコインと電子マネーの違い

インターネット上でやり取りされるお金という意味で、ビットコインは電子マネーと似ています。電子マネーは紙幣や硬貨を使わず、便宜的にデータのやりとりによって決済する方法です。ここ数年、様々な場面で日常的に使用されていますね。しかし例えば日本では、円での支払いの代わりに電子マネーを使用します。自分の持っているお金を電子マネーの端末に入金するか、もしくは電子マネーで支払うときに使っている銀行口座に日本円のお金を入れておきます。一方、ビットコインには国も円が関与していません。

ビットコインのメリット

ビットコインには国が関係していないため、海外と取引をする際に、個人と個人の間で直接送金ができます。従って手数料が格安になるというメリットがあります。さらにビットコインは、日本円やドルなどの法定通貨で購入できますので、インターネット上でビットコインを買い、ビットコインの価格が上がったら売却するという、差金決済の方法で利益が出せます。こうしたことからビットコインは、投資の対象として話題を呼んでいます。

ビットコインは仮想通貨の一種で、価値は需要と共有のバランスによって決定し、P2Pで決済を行うこともできます。