デザインセンスを感じさせるホームページを作り上げる3つの方法

ホームページの色遣いに気を配る

オシャレなホームページを作るファーストステップとして、色遣いに気を配る必要があります。使う色やその数によって、オシャレであり、センスを感じるものになるか、悪い印象を与えるホームページになるかが決定します。その色とは、薄い色を使うと効果的です。濃い色を使うと、訪問者に強いストレスを与えてしまい、それが悪い印象に繋がってしまいます。それを避けるためにも、薄い色と使いましょう。そして、その種類は2か3色と、少数にしておきましょう。多く使い、カラフルにしてしまうと、ホームページ感がなくなり、また、目がチカチカしてしまい、同じくストレスを与えます。そのため、使う色を限定しておくことが、オシャレへの第一歩となります。

記事の書き方に一工夫施す

ホームページのメインとなるのが、文章記事です。この記事を増やすことで、訪問者が増え、やがで読者となってくれます。ただ長い文章を単調に書いているだけでは飽きられ、その上オシャレを全く感じるものにはなりません。文章に一工夫加えることで、ホームページ全体にオシャレなイメージを定着させることができます。まず、長文になるのであれば、読むストレスを回避することも考慮し、空行を数行入れて区切ってしまいましょう。3から4行毎に空行で区切れば、見やすくなり、他には感じない物珍しさが感じられます。さらに、書体を変更し、自分らしさを全面的に出すことで、さらにオシャレ度をアップすることができます。

センスある写真を挿入する

ホームページの内容をよりイメージしやすいように、写真を挿入することと良いでしょう。しかも、自分にとって良いと思う写真を使用することで、いくらでもオシャレになります。どこにでもあるような写真やただ適当に撮ったものでは、残念ながら特別感がなく、センスもオシャレさも感じさせることはありません。だから、ホームページの内容を考え、それに密接に関わる写真を真剣に撮ると良いです。光の当て方や角度など、自分のこだわりを強く出すと、簡単に良い写真を用意することができます。

レスポンシブデザインとはネット上のHPやブログなどのデザインがPC・スマートフォン・携帯等の異なる環境に合わせて見やすい最適なデザインで見ることができるWEBデザインの一種です。