偏ったデザインは逆効果?批判を防ぐために

炎上してしまうポスターとは

ポスターは、伝えたいことを分かりやすくするために敢えてステレオタイプなデザインを使うことがあります。例えば電車の割り込みを禁止するポスターなどで、派手な若者が老人を押しのけているデザインなどです。しかし実際の所、電車での迷惑行為は若者世代よりも老人が起こすことのほうが多く、「ただの偏見だ」と批判を浴びる事例もあります。分かりやすく伝えることは大事ですが、このように偏った古い感覚のポスターでは反感しか買いません。

下品すぎるものもNG

また、「下品すぎる」「不快だから撤去してほしい」などと批判を集めたデザインもありました。とある地方のお祭りのポスターを作るとして、たとえ祭りの装束であってもふんどしの男性の写真が使われていたりすると、目のやり場に困る、というのがあります。また、性的な意味合いの強いデザインだと老若男女が利用する場にはそぐわないでしょう。人によって感覚はまちまちなので難しいですが、ある程度反応を予想しておくのも重要です。

作り直しは費用がかかります

挑戦的なデザインのもので目を引きたいのも分かりますが、批判が来て撤去したり作り直しするには時間も費用もかかります。また、批判が殺到して炎上し、話題になったからと言って利益が上がるとも限りません。わざと炎上させる炎上商法のようなものもありますが、あまりそういった方法はとらないのが無難でしょう。今の時代、男女問わずいろいろな世代の意見を聞いて、違和感を感じないか確認するくらいの慎重さは必要だと言えます。

格安コピー印刷を効果的に活用するために、それぞれの専門業者の実績の有無をチェックすることが肝心です。