簡単にプロ並のデザインをホームページに施す3つのコツ

写真や画像を使ってホームページを着飾る

ホームページには、もともと用意あれているテンプレートを使うことで、歩いて程度オシャレに作ることはできます。しかし、プロのようなデザイン性に欠けているため、自分でその点を補う必要があります。その補う方法で最も簡単なものが、写真や画像の挿入になります。ホームページのテーマ(内容)に合う写真や画像を記事中に、あるいはトップに貼付けることで、他とはひと味違うホームページを生み出すことができます。この違いがデザイン性を示すことができ、オシャレへと一歩近づけられます。

文章を見やすくして圧倒しよう

ホームページのメインはあくまで文章記事になります。その文書を長文かつギュウギュウに詰め込んでしまうと、『見辛さ』を印象に与えてしまい、デザイン性があるとは言えなくなります。だから、文章を小分けし、さらに空行を何行も挟むことで見やすくしましょう。文章が見やすく、かつ量が多ければ、そのホームページに読む価値が生まれ、読者の潜在意識に『デザイン性のあるホームページ』だと思わせることができます。ただし、内容が平凡であった場合は、ただただ長い文章と思われ飽きられる可能性があるので注意です。

ホームページの色遣いを心掛ける

モノトーンなホームページは、読者の目を疲れさせてしまう上に、見栄えが良くなくなります。そこで、ホームページのテーマ(内容)に合う色をセレクトし、それを使うと良いでしょう。なるべく薄い色かつ2から3種類使うと良いです。これによって、ホームページが鮮やかになり、デザイン性があると印象付けられます。さらに、文章に色効果を施すことで、読みやすくできたり、視線誘導することすることができ、読者に満足させる効果も及ぼせます。

レスポンシブとは直訳すると「反応がよい様」のことですが、ウェブデザインの世界では、端末のウインドウサイズに自動的に合わせてデザインを最適化する手法のことを指します。