見えない敵からの恐怖!ネットの誹謗中傷対策!

あなたはお気に入りの存在

インターネットが普及してきたことで、直接母のことを相手に伝えることが苦手になってきた人が増えてきましたね。そういった人たちが間違った使い方をすることによりネットの誹謗中傷で相手をいとも簡単に傷つけてしまいます。そういった被害にあった人はたくさんいるのではないでしょうか。言い返せばいい返すほどネットの誹謗中傷はどんどんエスカレートしていき、やられた人は精神的に参ってしまいますよね。被害者になってる方は加害者にとって今やお気に入りのおもちゃ同然の存在です。

加害者の遊び道具になってはいけません

ネットの誹謗中傷することで、あなたの反応やあなたの悲しむ顔がみたくて仕方のない加害者は、あなたが反応することで、行動はどんどんエスカレートしてきます。そんなことであなたが傷つく必要はありません。あなたができる事は、加害者をこれ以上図に乗らせないためにも、何をされてもネットの誹謗中傷に対して無関心でいることがとても大切です。無関心になってすぐは、反応しないことに腹を立ててエスカレートするかもしれませんが、そんな気持ちもすぐになくなります。

相手が飽きるまでが勝負

あなたが反応してあなたが悲しむことで喜んでいた加害者は、あなたは無関心になることで反応されなくなりそのうち飽きて違うターゲット見つけるでしょう。無関心でいることが辛いと感じるのであれば、ネットの誹謗中傷が書かれているサイトは、あなたが見ないようにするために消したり、管理者に伝えてそのサイトことなくしてしまうのが1番手っ取り早い方法です。見てしまったらその分あなたが傷つくだけなので、公園の落書きのような感覚で無関心でいることがとても大切です。

逆SEOというのは風評被害や根拠のない書き込みで等でマイナスイメージがついてしまった際、逆に検索上位から下げる時のことを指します。